代理人を依頼

虫眼鏡交通事故によっては訴訟を起こしたり、また弁護士に代理人になってもらったりして相手方の保険会社と示談交渉をしてもらった方がいい場合があります。特に後遺障害認定されたケースでは訴訟を起こすことで示談金が個人での交渉よりもはるかに高額にアップするため、弁護士に依頼をする方がメリットが大きいものです。こういったケースの場合は速やかに弁護士事務所に行くことが大切です。後遺障害認定されたようなケース以外では、後遺障害認定で非該当になったため異議申し立てをしたいといったケースなどもあります。この場合でも弁護士に依頼をすることで認定される場合があります。

弁護士に依頼をするような場合、まずは相談をしなければならないため、相談料が発生します。また依頼をするとなると最初に着手金が発生します。着手金の金額は弁護士事務所によってその計算方法は異なっています。また示談金を受け取った時点で報酬を支払うことになります。着手金や報酬はケースによって金額は変わってきますが、中には高額になる場合もあります。そのため弁護士に依頼をするのをためらう方もいます。しかしその場合には受け取る示談金も高額になることが予想されますし、弁護士に依頼をすることで受け取る示談金の金額が大幅にアップするので、依頼をするメリットは十分にあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket